注目記事
おじさんが自意識に悩まず、世間に身バレもせず、動画をはじめるには…?
おじさんの個性を活かしてバズる動画は多い。ビジネスにも好影響があるようだ。何だかんだ書いたが、結局こういうおじさんが羨ましいだけなのかもしれない…。

 

【第2回】おじさんが自意識に悩まず、世間に身バレもせず、動画をはじめるには…?

昭和生まれの私が令和に動画投稿をはじめるにあたって、最初に購入したのは音声合成ソフトの「CeVIO AI」であった。

おじさんによる動画投稿の大きなハードルのひとつが「自意識」である。
こんなおじさんが動画投稿していいのだろうか?

カメラの前で芸人みたいなリアクションをしてもいいのだろうか、おじさんなのに。
高校生みたいに流行のダンスを踊っていいのだろうか、おじさんなのに。

詳細は省くが、結論から言えばむしろ良いのだ。が、そんなことできるのは「普通じゃない」おじさんだ。
Web会議の合間にTikTokの自撮りをしたり、広報の若手社員におだてらて自社商品片手にコントを演じられるような異常なおじさんは、今回のコラムを読み飛ばしてください。
前振りでもう半分も文字数を無駄にしてしまったが、つまり普通のおじさん的には動画に“おじさんである自分”を道化として晒すのに抵抗があるのだ。

その解決策が画面におじさん(自分)が登場しない企画にすること。
そのためには音声合成ソフトは必須だった。
もしあなたが容姿と美声に恵まれた美少女なら、今回のコラムを読み飛ばしてください。と言いつつ8割も読んでもらった。感謝感謝。
で、仮に美少女でなくとも、演者や撮影スタッフの協力者がいるなら解決できる。だが私の場合は、「動画なんて昔から得意だけど?」というフリをする必要があるため、動画に関するノウハウを秘密裏に習得しなくてはならない。

そしてその孤独は、動画の企画にも響いてくるのだった…(続く)

おすすめの記事