注目記事
【朱舜水】明朝の衰亡とともに歩んだ青年期、壮年期

故石原道博 茨城大学名誉教授の著書『朱舜水』(吉川弘文館、1961年)をもとに、彼の生涯を紹介していきます。

浙江省余姚で誕生

朱舜水は、明の万暦28(1600)年10月12日、浙江省余姚(よよう)にて、父 朱正、母金氏の三男として誕生しました。之瑜(しゆ)というのが名前で、舜水は号になります。

1607(万暦35)年、8歳のときに父が死去し、加えて大規模な飢饉が続いたため生活は困窮しました。家族は明朝の武官だった兄を頼りに、松江府(しょうこうふ、現上海市松江区)に転居します。父や兄を含め一族には明朝の高官だったものも多く、それなりの士大夫階級でした。

余姚で暮らした期間は短いものでしたが、彼は故郷に深い感情を持っていました。その最たるものが「舜水」という号です。これは故郷を流れる余姚江のことで、日本で門弟たちに学問を教えるときに名乗ったものです。

トップ画像は現在の余姚で、浙江省寧波市に属しています。中国の経済成長に合わせて高層ビルも林立していますが、写真のような風光明媚な景勝地も健在です。朱舜水は郷土の偉人として尊敬されており、朱舜水記念堂も建てられています。

余姚の朱舜水記念堂

儒学を学び、所帯を持つ

当時の松江府は全中国15大都市のひとつに数えられる大都市でした。そこで儒学生となり、学問に打ち込みます。葉氏と結婚し、1618(万暦46)年19歳のときに長男である朱大成が誕生しました。

学業は優秀ですぐにでも高官に就けるチャンスがありましたが、明朝官界は腐敗を極めており、仕官するのが馬鹿馬鹿しくなっていきました。彼はいつも妻子に「たとえ高官に就いても自分は妥協ができないため、お上に建言することで逆に罪を得るかもしれない。数年ともたずに飛び出すことになるだろう」と述べていました。

その後、妻の葉氏は亡くなったのか、後妻である陳氏を娶り、35歳頃に娘が生まれています。

1638(崇禎11)年39歳のとき、「文武全才第一」の誉れとともに、恩貢生(国の慶典などの際に挙げられる特待生)に選ばれています。以降、明朝とその後継である南明で、計12回も仕官の推挙を受けましたがすべて固辞しました。官界への嫌悪ぶりが伝わってきますが、これは当時の中国情勢を知れば、朱舜水の気持ちも理解できるでしょう。

松江にもある朱舜水記念堂

北方から押し寄せる女真族の「後金」

当時の明朝は内憂外患に直面し、風前の灯火でした。内憂は宦官による重度の政治腐敗で、外患は北方から押し寄せる異民族王朝の「後金」のこと。

そもそも明朝は異民族との戦いで始まり、終わった王朝といえます。明朝は1368年、朱元璋によって建国。当時の宿敵はモンゴルでした。モンゴルはチンギス・ハーンを始祖にユーラシア大陸の大半を領土にした超大国。その後は分裂して「元朝」になり、日本にも元寇として攻め込んできましたが、末期は急速に弱体化。漢民族の明朝は、ようやく中原からモンゴルを追い出すことに成功します。

明の太平は200年以上も続きましたが、その平穏はまたもや異民族によって崩されます。それが1616年、満州(中国東北部)で女真族のヌルハチによって建国された「後金」でした。

後金の騎兵と明の歩兵による戦闘(出典:Wikipedia)

 

1619年、天下分け目の「サルフの戦い」が起こります(現在の遼寧省撫順)。後金軍6万に対し、明軍は16万。圧倒的な戦力差があったにもかかわらず、後金軍は雪上のゲリラ戦によって明軍を撃破。これが明の衰亡の始まりになります。朱舜水はこのとき20歳、長男が生まれたばかりの頃でした。

明滅亡と清による中国統治の開始

大国の明に勝利したことで後金の勢いに火が付き、勢力は東北部一帯に拡大。1626年に太祖ヌルハチが死去すると、子のホンタイジが後継となり、1636年に民族名を女真族から満州族に変え、国号を後金から「清」に改めました。

清の侵攻だけでも大変なのに、各地で農民反乱が頻発します。明朝政府にはもはやそれらを鎮圧する力は残っておらず、やがて農民反乱の中から李自成(り じせい)が台頭してきます。李自成は主要都市を次々に落とし、北京まで進軍。そして1644年、李自成軍の包囲の前に崇禎帝は自殺し、明朝は滅亡します。

その李自成ですら、すぐに北京にやってきた清軍に蹴散らされ、清による中国支配が宣言されます。朱舜水45歳のときでした。

燃え上がる愛国心

朱舜水は十回以上も仕官の推挙を固辞しましだが、それは愛国心がなかったわけではなく、強い愛国者だったからこそ、官界の腐敗が許せませんでした。そして、いざ国が滅亡するのを目の当たりにしたとき、彼の愛国心はさらに燃え上がります。

中国南部にいた明の皇族と官僚は「南明」を建て、清に抵抗する道を選びます。朱舜水はこれに協力し、それが後に日本につながっていくのです。

おすすめの記事